PR
図1
図1
[画像のクリックで拡大表示]
図2
図2
[画像のクリックで拡大表示]
図3
図3
[画像のクリックで拡大表示]
図4
図4
[画像のクリックで拡大表示]
図5
図5
[画像のクリックで拡大表示]
図6
図6
[画像のクリックで拡大表示]

 台湾ASUSTeK Computer Inc.(華碩、ASUS)は、CPUコアを四つ内蔵したプロセサを世界で初めて内蔵したタブレット「Eee Pad Transformer Prime」を、2011年12月に世界各地で発売する(図1~図3)。想定実売価格は、キーボード部なしが1万8000元(約4万7700円)、キーボード部ありが2万1000元(約5万5650円)。

 Transformer Primeの特徴は、アプリケーション・ソフトウエアの実行速度や操作の反応速度が現行機よりおおむね2倍速いこと。採用したプロセサは、米NVIDIA社の「Tegra 3」である(Tech-On!の関連記事)。消費電力対演算能力比も向上しており、キーボード部が内蔵する電池を使わずに「約12時間動作する」とASUS社は言う。タブレット部の厚さは8.3mm、重さは586g。「iPad 2」はそれぞれ8.8mm、601gである。

 用いたディスプレイは、屋外使用時に輝度を大幅に上げられる。このため、映り込みで画面が見にくくなる現象を抑制できる(図4)。「SuperNote」と呼ぶ手書き画像の作成ソフトウエアを搭載する(図5)。スピーカの再生帯域は、一般のものより広いという。ASUS社は販売中の「Eee Pad Transformer」を併売する(図6)。

■仕様表
ディスプレイ 10.1型、1280×800画素、Super IPS方式、LEDバックライト、10本指操作対応、Gorillaガラス
OS Android 3.2 Honeycomb(Android 4.0 Ice Cream Sandwichに自動更新)
プロセサ NVIDIA Tegra 3、4CPUコア
メモリ DDR2、1 GB
ストレージ 32GBまたは64GB のeMMC(embedded multimediacard)、ASUS WebStorage
無線インタフェース 802.11 b/g/n、Bluetooth 2.1 + EDR
カメラ フロント120万画素、リア800万画素(AF、補助光付き、F2.4)
入出力端子 タブレット部:イヤホン/マイク兼用端子(マイク/スピーカは別途内蔵)、micro HDMI、microSDカード
キーボード部: USB2.0、SDカード
内蔵センサ 加速度、角速度、方位、緯度経度、照度
Flash対応 Yes
プリインストール・アプリ ASUS launcher、@Vibe Music、ASUS WebStorage、MyLibrary、MyNet、MyCloud、File manager、ASUS sync、SuperNote、App Locker、App Backup、TegraZone、Polaris Office(Microsoft Office 2007互換)
内蔵電池による使用時間(目安) 12時間(タブレット部のみ、25WhのLiポリマ電池を内蔵)
18時間(キーボード部を接続時、電池容量が22Wh増加)
大きさ、重さ タブレット部:263×180.8×8.3mm、586g
キーボード部:263×180.8×8~10.4mm、537g