PR

パナソニックは、2011年11月9日から開催の「2011年国際ロボット展」(東京ビッグサイト)にコミュニケーション支援ロボット「HOSPi Rimo」を出品した。同社が既に開発済みの病院内自律搬送ロボット「HOSPi」の自律移動の仕組みに小型のハイビジョンカメラやマイク、ディスプレイ、小型のプロジェクタなどを搭載したものだ。こうした新たに搭載した機器を使って、入院中の患者と家族、介護施設の入居者と介護士などが遠隔地にいても相手の画像を見ながら話すことができる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い

登録会員(無料)が読めるお薦め記事


日経クロステックからのお薦め

日経BPで働きませんか

日経BPで働きませんか

「デジタル&ソリューション」をキーワードに、多様な事業を展開しています。

日経BPは、デジタル部門や編集職、営業職・販売職でキャリア採用を実施しています。デジタル部門では、データ活用、Webシステムの開発・運用、決済システムのエンジニアを募集中。詳細は下のリンクからご覧下さい。

Webシステムの開発・運用(医療事業分野)

システム開発エンジニア(自社データを活用した事業・DX推進)

システム開発エンジニア(契約管理・課金決済システム/ECサイト)