PR
低価格機種の「SV-1000」
低価格機種の「SV-1000」
[画像のクリックで拡大表示]
高価格機種の「SV-2000」
高価格機種の「SV-2000」
[画像のクリックで拡大表示]

 岩通計測は、放射線量計を2機種発売すると2011年11月11日に発表した。センサ部にSi半導体を用いた低価格機種「SV-1000」と、CsIシンチレーション方式を用いた高価格機種「SV-2000」を用意した。SV-1000は定点観測向けで、価格は49800円(税抜き)。SV-2000は高感度・短時間での計測向けで、価格は9万9800円(税抜き)である。官庁や企業、自治体向けに年間で1万台の販売を計画する。

 両機種共に、実測の数値を基に年間被曝量を把握することができるバー表示を備える。この表示方法は、日本原子力研究開発機構の特許であり、その使用許諾を得ているという。アルカリ単3形乾電池2本で駆動でき、約300時間の使用が可能である。

 製品の校正は、国家基準の二次標準校正場である日本原子力研究開発機構の放射線標準施設で標準校正した測定器を用いて、岩通計測内で校正している。

 両機種とも外形寸法は69mm×28mm×115mmで、重さが約250g。γ線を測定する。SV-1000は4分間の放射線の平均計数率に基づく値を10秒ごとに更新する。測定範囲は0.01μSv/h~99.99μSv/h。エネルギー範囲は60keV~1.25MeVである。

 SV-2000は1分間の放射線の平均計数率に基づく値を10秒ごとに更新する。測定範囲は0.001μSv/h~9.99μSv/hと、SV-1000より分解能が1ケタ高い。エネルギー範囲は200keV~1.25MeVである。

 同社ではこれらの新製品を2011年11月16日~18日に東京ビッグサイトで開催される「計測展2011 TOKYO」に出展する予定。