PR

 古河電工グループの協和電線は、電気自動車(EV)向けのワイヤレス給電システムに使用する埋設型高周波電流供給ケーブル「KANZACC~EMIC-One」を開発した。2011年11月からサンプル出荷を開始しており、2013年度に1億円の売り上げを目指す。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い

登録会員(無料)が読めるお薦め記事