PR

 GEヘルスケア・ジャパンは2011年11月11日、外科用デジタルCアーム装置「OEC 7900 Fluorostar」を発売した。これにより、外科用デジタルCアーム装置について、同社は最上位機種から下位機種までのラインアップをそろえたことになる。GE社は外科用デジタルCアーム装置の世界市場で30%強の市場シェアを握っており、2014年までにシェアを50%に高める狙いだ。

 日本国内における外科用デジタルCアーム装置の市場規模は2010年時点で45億円。このうち、GE社は約30%のシェアを持ち、「2011年末に、販売金額と台数の両方でドイツSiemens社を抜いて首位になる見通し」(GEヘルスケア・ジャパン)という。新製品の発売に合わせて来日した、GE Healthcareの外科用装置部門のトップ(President and CEO,Surgery)を務めるJoe Shrawder氏に、デジタルCアーム装置など外科手術支援装置の事業戦略や技術トレンドを聞いた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い

登録会員(無料)が読めるお薦め記事


日経クロステックからのお薦め

日経BPで働きませんか

日経BPで働きませんか

「デジタル&ソリューション」をキーワードに、多様な事業を展開しています。

日経BPは、デジタル部門や編集職、営業職・販売職でキャリア採用を実施しています。デジタル部門では、データ活用、Webシステムの開発・運用、決済システムのエンジニアを募集中。詳細は下のリンクからご覧下さい。

Webシステムの開発・運用(医療事業分野)

システム開発エンジニア(自社データを活用した事業・DX推進)

システム開発エンジニア(契約管理・課金決済システム/ECサイト)