PR

 稼動中のスーパーコンピュータのランキングを発表しているTOP500プロジェクトは2011年11月14日,最新の、そして通算38回目となる集計結果を発表した。

 今回、理化学研究所と富士通が共同開発した「京」が前回2011年6月のTOP500に引き続きランキング1位だった(関連記事)。TOP500に報告した演算速度は、10.51PFLOPS。TOP500で初の10PFLOPS台一番乗りを果たした。

 今回は2位~10位にも順位の変動が全くなかった。具体的には、2位は中国・天津スーパーコンピュータ・センターの「天河1A号」で、演算性能2.566PFLOPS、3位は米国Oak Ridge National Laboratoryの「Jaguar」で同1.759PFLOPS。演算性能もほとんど更新されておらず、京の突出ぶりだけが目立つ結果となった。