PR

 JFE環境(本社横浜市)は、溶融亜鉛めっき工場の廃酸に含まれる亜鉛のリサイクル技術を確立した(ニュースリリース)。同技術の開発は「国内で初めて」(同社)だという。同社では、新技術を用いた亜鉛リサイクル事業を2012年4月に始める予定だ。

 溶融亜鉛めっき工場の廃酸には、亜鉛が5~15%、鉄が5~10%ほど含まれている。従来は、亜鉛と鉄を分離することが困難だったため、廃酸に無害化処理を施した上で埋め立て処分していた。これにより廃棄していた亜鉛の量は、製品価格に置き換えると東日本地区だけで年間約2億円に相当するという(1t当たり22万円で計算)。

 新開発のリサイクル技術では、廃酸を一定条件下で酸化させることにより、亜鉛と鉄を高効率に分離できるため、廃酸に含まれる亜鉛の90%以上が回収可能になるという。回収した亜鉛は、亜鉛鉱石の代替物として製錬メーカーなどに販売する。

リサイクル技術の概要
リサイクル技術の概要
[画像のクリックで拡大表示]