PR

 「第7回中国国際顕示大会(7th China International Display Conference:CIDC2011)」が中国・深センで11月17~18日に開催された。中国大陸と台湾という海峡両岸のFPD産業の発展・交流を進めるための調印式が執り行われるとともに、中国と台湾のキーパーソンが講演した。今回の大会は、2011年6月3日に設立された「台湾顕示器産業連合総会(Taiwan Display Union Association:TDUA)」が「深セン市平板顕示行業協会(Shenzhen Flat Panel Display Industry Association:SDIA)」と共同開催した会議である。FPD業界の新しい枠組みを目指す台湾の新組織が、早速、精力的な活動を開始した。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

1/31まで日経電子版セット2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

初割 電子版セット 2カ月無料