PR

電力を無線で伝送するワイヤレス給電技術。今、その特許への対応に注目が集まっている。中でも、比較的給電できる距離の長い「磁界共鳴方式」に関しては、電気自動車(EV)の非接触充電用途を見据えて、米ベンチャー企業や自動車関連メーカーが特許の取得を積極化している。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い