PR
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]

 パナソニックは、太陽電池のウエハーからセル、モジュールまで一貫生産する新工場をマレーシアに建設する。生産するのはHIT(heterojunction with intrinsic thin layer)太陽電池である。年間生産能力は300MWで、生産開始は2012年12月。投資金額は450億円になる。新工場の建設により太陽電池の生産量を拡大するとともに、一貫生産によりコスト競争力を強化する。

 新工場は、マレーシア ケダ州 クリム ハイテクパーク工業団地内に建設する。建屋面積は約7万m2で、従業員は1500人程度となる。同工場で生産した太陽電池モジュールは、これまでのモジュール販売に加え、蓄電池などを組み合わせたシステム販売や、パナソニック・グループの総合力を生かした「まるごとソリューション事業」と連携することで、世界展開を加速する。