PR

 東北電力は、同社の八戸火力発電所内に設けた大規模太陽光発電所(八戸太陽光発電所)について、運転開始を予定より早めることを明らかにした(ニュースリリース)。当初は2012年1月に運転を始める予定だったが、運転開始までの工程を精査した結果、開始日を2011年12月20日に前倒しする(Tech-On!の関連記事)。

 八戸火力発電所は、東日本大震災の津波により敷地の一部が冠水するなどの被害を受けたが、八戸太陽光発電所については当初予定していた日程での運転開始を目指し、建設作業を進めてきた。八戸太陽光発電所には、多結晶シリコンの太陽電池パネルを1000kW分、薄膜系シリコンのパネルおよび薄膜系化合物のパネルを250kW分ずつ設置し、計1500kWの出力を確保。発電電力量は、一般家庭約500世帯分の年間使用電力量に相当する約160万kWh/年である。

 東北電力は、2020年度までに計1万kW程度の大規模太陽光発電所を設ける方針を掲げている。八戸太陽光発電所は、こうした取り組みにおける最初の実用化事例となる。