PR

 シーメンスPLMソフトウェア(米Siemens PLM Software社の日本法人、本社東京)は3次元CAD「NX8」について、要求仕様から出発して構想設計、詳細設計までの連携を保つための仕組みを明らかにした。要求仕様と構想設計段階の連携には、ユーザーに対してNX8がさまざまな情報を提示する「HD3D」技術を用いる。構想設計と詳細設計の連携には、1つの設計案を複数の担当者に割り振ったり合体させたりする「パートモジュール」機能を用いる。「構想設計で方針を明確に確定し、その後を手戻りなく進められるようにすることは、特に日本だけではなく、世界的に課題になっていると考える」(Siemens PLM Software社NX製品ライン担当シニア・マーケティング・ディレクタのPaul Brown氏)。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い

登録会員(無料)が読めるお薦め記事


日経クロステックからのお薦め

日経BPで働きませんか

日経BPで働きませんか

「デジタル&ソリューション」をキーワードに、多様な事業を展開しています。

日経BPは、デジタル部門や編集職、営業職・販売職でキャリア採用を実施しています。デジタル部門では、データ活用、Webシステムの開発・運用、決済システムのエンジニアを募集中。詳細は下のリンクからご覧下さい。

Webシステムの開発・運用(医療事業分野)

システム開発エンジニア(自社データを活用した事業・DX推進)

システム開発エンジニア(契約管理・課金決済システム/ECサイト)