PR

 米MIPS Technologies社は、スウェーデンAxis Communications社の発表したネットワークカメラ「AXIS Q1602/-E」に、同社のマルチスレッド・コアが搭載されたことを明らかにした。搭載されているのは「MIPS32 24Kc」で、Axisの持つLightfinder technologyを利用した低光量監視カメラのマーケットに投入されることになる。

 英IMS Research社のレポートによれば、ビデオ監視カメラのマーケットは2010年度に10%を超える伸びを示しており、今後もマーケットが堅調に伸びてゆくためには、優れた製品を投入し続けることが必要であると言う。

 AXIS Communicationsの室内向けカメラである「Q1602」と屋外用カメラである「Q1602-E」は共に、H.264とMotion JPEGを独立したStreamとして生成可能であり、可変焦点レンズを搭載してリモートから制御可能、更に双方向オーディオをサポートする。またQ1602-Eは極低温での動作や、風や雨、雪や日照といった環境に耐えるものと説明している。

 既にAXIS CommunicationのQ1602/-Eは出荷を開始している。 米MIPS Technologies社は、スウェーデンAxis Communications社の発表したネットワークカメラ「AXIS Q1602/-E」に、同社のマルチスレッド・コアが搭載されたことを明らかにした。搭載されているのは「MIPS32 24Kc」で、Axisの持つLightfinder technologyを利用した低光量監視カメラのマーケットに投入されることになる。

 英IMS Research社のレポートによれば、ビデオ監視カメラのマーケットは2010年度に10%を超える伸びを示しており、今後もマーケットが堅調に伸びてゆくためには、優れた製品を投入し続けることが必要であると言う。

 AXIS Communicationsの室内向けカメラである「Q1602」と屋外用カメラである「Q1602-E」は共に、H.264とMotion JPEGを独立したStreamとして生成可能であり、可変焦点レンズを搭載してリモートから制御可能、更に双方向オーディオをサポートする。またQ1602-Eは極低温での動作や、風や雨、雪や日照といった環境に耐えるものと説明している。

 既にAXIS CommunicationのQ1602/-Eは出荷を開始している。 米MIPS Technologies社は、スウェーデンAxis Communications社の発表したネットワークカメラ「AXIS Q1602/-E」に、同社のマルチスレッド・コアが搭載されたことを明らかにした。搭載されているのは「MIPS32 24Kc」で、Axisの持つLightfinder technologyを利用した低光量監視カメラのマーケットに投入されることになる。

 英IMS Research社のレポートによれば、ビデオ監視カメラのマーケットは2010年度に10%を超える伸びを示しており、今後もマーケットが堅調に伸びてゆくためには、優れた製品を投入し続けることが必要であると言う。

 AXIS Communicationsの室内向けカメラである「Q1602」と屋外用カメラである「Q1602-E」は共に、H.264とMotion JPEGを独立したStreamとして生成可能であり、可変焦点レンズを搭載してリモートから制御可能、更に双方向オーディオをサポートする。またQ1602-Eは極低温での動作や、風や雨、雪や日照といった環境に耐えるものと説明している。

 既にAXIS CommunicationのQ1602/-Eは出荷を開始している。