PR
サービスのロゴ
サービスのロゴ
[画像のクリックで拡大表示]
サービスの概要
サービスの概要
[画像のクリックで拡大表示]

 NTTドコモは、スマートフォンなどを用いて利用者の健康管理や病気予防を支援するサービス「docomo Healthcare(ドコモ ヘルスケア)」の提供を、2011年12月1日に始める。基本コンテンツの利用料金は無料。他社の端末からも利用できる。

 ドコモ ヘルスケアは、基本コンテンツと「おすすめプログラム」で構成される。まず基本コンテンツとして、以下の機能を用意する。

■「セルフチェック」 … 簡単な質問に回答するだけで、メタボリックシンドローム危険度や月経トラブル、体のむくみ、不眠度、胃腸のトラブル度などの健康状態(40種類)を利用者がチェックできる。
■「マイカルテ」 … からだ情報(体重・血圧など)や生活習慣(飲酒量・睡眠時間・運動量など)、また利用者によるセルフチェックの結果や健康診断結果を記録・管理できる。
■「お薬手帳」 … 処方された薬の服用歴が記録できる。
■「情報検索」 … 気になる病気の症状や近隣の病院情報、薬の効用・副作用が検索できる。

 一方、おすすめプログラムは、NTTドコモが健康・医療分野のパートナーと連携して提供するもの。サービス開始当初は、以下の2種類のプログラムを提供する。

■ダイエット支援プログラム「巻くだけダイエットMOBILE」(月額210円)
■子供向けの予防接種管理サポートプログラム「予防接種スケジューラーアプリ」(無料)

 同サービスを基盤としてNTTドコモは今後、健康・医療機器メーカーや医療機関、健康・医療関連の施設・団体、コンテンツプロバイダーといったパートナーとの協業を積極的に進めていく考えである。