PR

 NECは南アフリカ共和国にサブサハラ地域(アフリカ大陸のサハラ砂漠以南の地域)を統括するNEC Africa (Pty) Ltd.を設立した(ニュースリリース)。

 従来、NECのアフリカ地域における事業体制は、地域統括会社である英NEC Europe Ltd.の傘下で、トルコNEC Telecommunication and Information technology Ltd.が中東・北アフリカ地域を統括し、サブサハラ地域は、南アフリカのJohannesburg市とケニアのNairobi市の駐在員事務所で事業を展開してきた。南アフリカでは、指紋認証をベースにした国民IDシステムの構築などの実績を持つ。

 今後は、NEC Africa社がサブサハラ地域全体を統括し、その傘下に西アフリカ地域の拠点としてNEC西アフリカ社をナイジェリアに、東アフリカ地域の拠点としてNEC Africa社の支店をケニアNairobi市に設置する計画。

 近年、アフリカ地域は年間経済成長率が5%を超え、特にサブサハラ地域は、主要国である南アフリカやナイジェリア、ケニアなどでは政情が安定し、携帯電話機の市場拡大に伴う通信インフラの整備や、セキュリティーなどの社会インフラの整備が進む見込みという。

 NECは、同地域で約50年にわたり通信・放送インフラの整備に携わってきたが、今後は、ITソリューション分野、さらにITとネットワークの融合分野にも事業を拡大していく考え。セキュリティ商品や通信・放送・郵便などの社会インフラ、企業や公共分野向けのクラウド型サービスなどを、同地域の官公庁や現地企業に提案していく。新会社の代表は吉川理裕氏。資本金は約2億2000万円で、NEC Europe社が全額出資している。従業員数は約20人(当初)である。