PR

 救急患者やX線室での撮影が困難な入院患者向けに使われる可搬型X線撮影装置(回診車)の、デジタル撮影(DR:digital radiography)への対応の動きが顕著だ。小型のX線照射源と撮像用パネルから成る可搬型X線撮影装置は「X線装置の中ではデジタル化が遅れていた領域だった」(大手医療機器メーカーの営業担当者)が、その状況が変わってきた。ワイヤレス型の撮像用パネルで取得したデジタル・データを、回診車を介して即座に病院内のネットワークに接続し、短時間で診断を行うような使い方が可能になってきた。今回のRSNAでは、米GE Healthcare社やコニカミノルタエムジー、オランダRoyal Philips Electronics社、富士フイルム、島津製作所など多くの企業が、DR対応の可搬型X線撮影装置や、同装置に向けたDR対応の撮像用パネルを出展した。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
【春割実施中】日経電子版セットで2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

日経クロステック 春割 日経電子版セット 2カ月無料
5/25(火)自動車未来サミット、オンライン開催

5/25(火)自動車未来サミット、オンライン開催

SUBARU、ボッシュ、デンソーなど登壇。次世代モビリティーを支える技術とビジネスを語る。

お急ぎお申し込みください!

IT/電機/自動車/建設/不動産の編集記者を募集します

IT/電機/自動車/建設/不動産の編集記者を募集します

“特等席”から未来づくりの最前線を追う仕事です

あなたの専門知識や経験を生かして、「日経クロステック」の記事や書籍の企画、取材・執筆・編集を担う編集記者(正社員)にトライしませんか。編集の経験は問いません。コミュニケーション能力が高く、企画力や実行力があり、好奇心旺盛な方を求めています。

詳しい情報を見る

日経BPはエンジニアや企画・営業も募集中