PR

 日本ケミコンは、2012年からマツダに向けて電気2重層キャパシタ(EDLC)「DLCAP」の新製品を供給する発表した。同年に発売される車両に搭載予定の減速エネルギ回生システム「i-ELOOP」のEDLCとして使われる。自動車への搭載を念頭に新開発した直径40mmで高さ150mmの円筒形タイプで、内部抵抗を従来の同社製品の1/3に低減しており、耐熱性も高い。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い