PR

 神戸製鋼所は、中国の自動車サスペンション用アルミニウム合金製鍛造部品の製造拠点である「神鋼汽車部件(蘇州)公司」(以下、神鋼汽車)において、同部品の生産能力を増強する。鍛造プレス(型締め力が6300tのメカニカルプレス)と熱処理設備を1台ずつ追加で導入するとともに、溶解炉や鋳造ラインなどの上工程の各設備も導入することで一貫生産体制を構築し、生産の効率化を図る。総投資額は約45億円。稼働開始は2013年3月の予定だ。神鋼汽車は、2010年9月に中国の江蘇省蘇州市に設立され、現在は2012年8月の量産開始に向けて建設段階にある。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
【春割実施中】日経電子版セットで2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

日経クロステック 春割 日経電子版セット 2カ月無料
IT/電機/自動車/建設/不動産の編集記者を募集します

IT/電機/自動車/建設/不動産の編集記者を募集します

“特等席”から未来づくりの最前線を追う仕事です

あなたの専門知識や経験を生かして、「日経クロステック」の記事や書籍の企画、取材・執筆・編集を担う編集記者(正社員)にトライしませんか。編集の経験は問いません。コミュニケーション能力が高く、企画力や実行力があり、好奇心旺盛な方を求めています。

詳しい情報を見る