PR

 米Texas Instruments Incorporated(TI)は、同社の16ビット・マイコン「MSP430」のラインナップに、メモリ及び周辺回路を強化した「MSP430F563x」および「MSP430F663x」を追加したことを発表した(発表資料)。

 MSP430F563xとMSP430F663xは、最大256Kバイトのフラッシュ・メモリーと18KバイトのRAMを搭載し、これによりより多くのWireless向けのProtocol StackやUSBのClass Driverを搭載したり、リアルタイムOSを搭載することも可能になっている。加えてMSP430F663xは160セグメントのLCDコントローラを内蔵しており、外部LCDコントローラの必要性を省いている。周辺回路としては12ビットのADCやDACが含まれており、高精度な測定機器向けのセンサーの接続が可能である。また待機時の消費電力は1.8μAに抑えられ、復帰に要する時間は3μsにすぎない。

 これらは、心電図計(EGC)や血糖値計/血圧計/酸素飽和度計/アクティビティ・モニターといった、高精度の測定が必要な広い範囲の医療系測定機器や、ユーザー・インタフェースを必要とする産業/民生向け監視装置向けに最適と説明している。

 MSP430のUSB Developer Packageには、必要とされる全てのソースコードとサンプルアプリケーションが無償で含まれており、この中には医療用途向けのUSB Personal Heathcare Device Classのソフトウエアも含まれる。RTOSも提供されるほか、アプリケーションの開発及びデバッグのためにMSP-TS430PZ100USBとMSP-FET430U100USBの2種類の開発ツールも用意される。

 MSP430F563xとMSP430F663xは既に量産が開始されており、製品価格は1万個発注時に1個あたり2~5米ドルの価格レンジで提供される。