PR

富士通と富士通長野システムエンジニアリングは、部品実装済みプリント基板の解析用ソフトウェア「SimPRESSO(シムプレッソ)」シリーズに、外力や自重による変形を予測する「SimPRESSO/BSA」と、稼動時の基板上の部品発熱による温度分布や熱変形を予測する「SimPRESSO/BHT」を追加した。両社はこれらの製品を、東京ビックサイトで開催中の「第41回 インターネプコンジャパン」で展示している。出荷開始は2012年2月上旬である。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

1/31まで日経電子版セット2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

初割 電子版セット 2カ月無料