PR

 コダマコーポレーション(本社横浜市)は、5軸加工用CAM「TOPcam M5」の最新版となる「同 v6.12J」を2012年2月1日に発売する。最新版では、5軸加工用のツールパスを作成した後で対象とする工作機械を変更してもパス作成作業を最初からやり直さずに済むようになった点が最大のポイント。さらに、回転工具の傾きを制御しながらその側面で曲面を削るスワーフ加工においてカッタパス作成の際の条件入力の手間を減らしたり、工作機械の各回転軸に対して可動範囲を指定したりできるようになった。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

1/31まで日経電子版セット2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

初割 電子版セット 2カ月無料