PR

 タムラ製作所は、タッチ・パネルの透明導電膜の絶縁保護に使える紫外線硬化樹脂「TOM-30-11TR」を「第41回インターネプコンジャパン」(1月18~20日、東京ビッグサイト)に出品した。タッチ・パネルの主要部品であるタッチ・センサ基板は、ガラスやフィルムの基板上に透明電極や配線を形成し、その上に絶縁保護層を形成する。今回の紫外線硬化樹脂は、この絶縁保護層の材料として使える。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

1/31まで日経電子版セット2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

初割 電子版セット 2カ月無料