PR

 東レは、炭素繊維と熱可塑性樹脂の複合材料(熱可塑CFRP)において、両者の接着性を高める技術を開発した。これにより、強度の高い熱可塑CFRPを造れるようになる。既に家電製品の準構造部材に採用されており、同社は今後も家電製品や自動車などでの採用を見込む。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

1/31まで日経電子版セット2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

初割 電子版セット 2カ月無料