PR

 JR東日本は、有機薄膜太陽電池の駅への導入を目指して、2012年1月25日~2013年2月中旬までフィールド試験を行う。有機薄膜太陽電池や蓄電池などで構成したシステムを、日光線鶴田駅の通路屋根の一部に設置し、長期間の稼働状況を確認する。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

1/31まで日経電子版セット2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

初割 電子版セット 2カ月無料