PR

 インターメタリックス(本社京都市)代表取締役社長の佐川眞人氏は2012年1月25日、ジスプロシウム(Dy)の使用量を半減させたNd-Fe-B(ネオジム-鉄-ホウ素)系焼結磁石(以下、ネオジム磁石)の生産準備に入っていることを明らかにした。「磁石としての性能や耐熱性は現行品と同等」と言う。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

1/31まで日経電子版セット2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

初割 電子版セット 2カ月無料