ダッソー・システムズ(本社東京)は、3次元CAD「CATIA V6」の最新版(同Release 2012x)について、「CATIA V5」への部品データの転送と同V5での編集を可能にしたことを明らかにした。言い換えると、部品データ(パートデータ)についてCATIA V6から同V5への下位互換性を確保した。従来はフィーチャ情報を伴わない、事実上編集不可能な形状データとして渡すしかなかった。同V5と同V6を混在させて利用したり、異なるバージョンを使う取引先との間でデータをやり取りしたりといったことが容易になる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

1/31まで日経電子版セット2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

初割 電子版セット 2カ月無料