PR
7型のタブレット風の電子書籍端末「BookPlace DB50」
7型のタブレット風の電子書籍端末「BookPlace DB50」
[画像のクリックで拡大表示]

 東芝は2012年1月26日、7型のタッチパネル機能付きカラー液晶ディスプレイ(600×1024画素)を搭載した電子書籍専用端末「BookPlace DB50」を同2月10日に発売する、と発表した。「LinuxベースのOS」(同社)を搭載した端末で、本体の重さは約330g、厚さは11mm。無線LAN機能を内蔵しており、トッパングループのBookLiveとの協業で運営されている電子書籍サイト「BookPlaceストア」で書籍を購入したり、搭載するWebブラウザーでインターネットのサイトにアクセスできる。

 東芝では、書籍コンテンツの数量や端末の価格、使い勝手などに優位性があると主張する。まず、コンテンツの数量については、「BookPlaceストアの蔵書は2012年末に大規模書店並みの10万冊に拡大する予定」(東芝)という。

 DB50の価格は2万2000円で、購入者はBookPlaceストアで使える5000円分の書籍購入ポイントを獲得できるため、「実質1万7000円」(同社)と2万円を切るとしている。

 使い勝手については、端末に「HOMEボタン」や「MENUボタン」、「CONTINUEボタン」など読書に便利なボタンを配置した。例えば電子書籍を読みかけのままWebブラウザーでサイトにアクセスしても、CONTINUEボタンを押すことで続きのページから読書を再開できる。
 
 東芝は、月2冊以上の本を読む読書好きの国内人口を1500万人と見ており、「2015年度にBookPlaceストアの利用者として150万ユーザーの獲得を目指す」としている。同年度の電子書籍事業の売り上げ目標については400億円とした。