PR

米The MathWorks, Inc.は、DOCOMO Beijing Communications Laboratories Co., Ltd.(ドコモ北京研究所)が、LTE+やWiMAX2など向けのアルゴリズム開発で、"並列動作"版のMATLABを活用したと発表した。C言語やC++を使用した以前の開発手法と比較して、開発期間を50%短縮できたなどの成果が上がった。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

1/31まで日経電子版セット2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

初割 電子版セット 2カ月無料