PR

米Synopsys, Inc.は、ヤマハが音声処理向けカスタムDSPチップ「XMP-1」の開発で、Synopsysのプロセサ・コア開発ツール「Processor Designer」を適用したと発表した。Processor Designerの活用により、従来比2倍の音声処理チャネルを搭載し、かつ従来と比べて半分の設計期間である6カ月でテープアウトできたとする。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

「初割」実施中!日経電子版とセットで2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

初割 電子版セット 2カ月無料