PR

 JSRは、リチウム(Li)イオンキャパシタを開発と製造、販売を手掛けるJMエナジー(本社山梨県北杜市)のLiイオンキャパシタ「ULTIMO」が、短時間停電補償装置に採用されたと2012年1月27日発表した。同装置は、落雷が原因の停電などから工場の生産設備を守るためのもので、中部電力と明電舎が共同開発した。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

1/31まで日経電子版セット2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

初割 電子版セット 2カ月無料