PR

 安川電機は、ロボット事業の競争力向上のため北九州市にある本社事業所のロボット生産設備を再編・増強する。溶接や塗装といった既存分野に加え、食品製造や医療などの新規分野でも需要の伸長が見込めることから、生産性や品質を高める。総投資額は約100億円。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

1/31まで日経電子版セット2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

初割 電子版セット 2カ月無料