PR

東芝は、2011年7月に発表した、FMEA(故障モード影響解析)をソフトウエア開発に試験的に適用した事例について、その後の改善結果を報告した。2012年1月25~26日に開催されたソフトウエア・テスト技術に関するカンファレンス「JaSST'12 Tokyo(ソフトウェアテストシンポジウム2012 東京)」において、同社子会社である東芝ソシオシステムズ 主幹の大谷和夫氏が発表した。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

1/31まで日経電子版セット2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

初割 電子版セット 2カ月無料