PR

日立製作所は、「USDM(universal specification description manner)」で記述されたソフトウエアの要求仕様に対して、リスク識別およびリスク分析手法の一種であるHAZOPを適用する手法を提案した。2012年1月25~26日に開催されたソフトウエア・テスト技術に関するカンファレンス「JaSST'12 Tokyo(ソフトウェアテストシンポジウム2012 東京)」において、同社 情報・通信システム社 ソフトウェア事業部 品質保証部の河野哲也氏が発表した。同発表は、今回のJaSSTのベスト・スピーカー賞を受賞している。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

1/31まで日経電子版セット2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

初割 電子版セット 2カ月無料