PR

 田中貴金属工業は、DRAMのキャパシタ電極を従来の6倍の深さまで成膜できるルテニウム(Ru)材料を九州大学大学院 工学研究院 応用化学部門 教授の小江誠司氏と共同開発した。次世代DRAMを開発中の半導体メーカーが、製造工程に有機金属気相成長法(MOCVD)を本格導入する時期に合わせて2012年の製品化を目指す。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い


日経クロステックからのお薦め

チームはやぶさ2、未踏に挑んだ10人

チームはやぶさ2、未踏に挑んだ10人

渾身の記事を直接お届け、2月24日に新サービス「フカメル」開始

9つの世界初を成し遂げた小惑星探査機「はやぶさ2」を深掘りする。裏側には、未踏に挑んだ10人のスペシャリストがいた。とっておきの10の物語を通して、「チームはやぶさ2」が奇跡を成し遂げた理由に迫る。

「チームはやぶさ2」を購読する