PR

  米GE Healthcare社は、開発中のPET(陽電子断層撮影)用放射性薬剤「18F-Flutemetamol(フルテメタモール)」が、アルツハイマー病をはじめとする神経変性疾患の病態評価に有用である可能性を示すデータが得られたと発表した。2011年1月12~13日に米国フロリダ州で開催された「The 6th Human Amyloid Imaging meeting(第6回ヒトアミロイドイメージング会議)における研究発表を受けたもの。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い


日経クロステックからのお薦め

[緊急出版]アフターコロナ 見えてきた7つのメガトレンド

[緊急出版]アフターコロナ 見えてきた7つのメガトレンド

Amazonランキング第1位(企業経営一般関連書籍、5月13日〜21日)

 自動車、IT、建設など主要9業界を徹底取材し新型コロナの影響を分析。非接触技術の最新情報、オフィスの未来、制約条件下での新たなイノベーションなど7つのトレンドを徹底解説。30人の論客による予測も。

『アフターコロナ』の詳細はこちら

本当に使えるDXプロジェクトの教科書

本当に使えるDXプロジェクトの教科書

DXプロジェクトを成功に導く羅針盤!

本書は、複数企業のDXプロジェクトの運営を手掛けてきた筆者が、DXプロジェクトをうまく進めるためのノウハウを豊富な経験を基に解説します。

詳細はこちら

サブスク変革 チェンジリーダーとチェンジモンスターの戦い

サブスク変革 チェンジリーダーとチェンジモンスターの戦い

サブスクリプションはトレンドに だが、組織への導入は「超難題」

本書では、サブスクを導入したドキュメンタリーを縦軸に、モデルチェンジをやり遂げるのに有効だった各種方法論を横軸に解説しています。

詳細はこちら