PR

  米GE Healthcare社は、開発中のPET(陽電子断層撮影)用放射性薬剤「18F-Flutemetamol(フルテメタモール)」が、アルツハイマー病をはじめとする神経変性疾患の病態評価に有用である可能性を示すデータが得られたと発表した。2011年1月12~13日に米国フロリダ州で開催された「The 6th Human Amyloid Imaging meeting(第6回ヒトアミロイドイメージング会議)における研究発表を受けたもの。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

1/31まで日経電子版セット2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

初割 電子版セット 2カ月無料