エムエスシーソフトウェア(本社東京、以下MSC)は2012年1月30日、プリ/ポスト・プロセッサ「Patran 2012」と、疲労解析ソルバ「MSC Fatigue 2012」を発表した。Patran 2012にはモデルの作成や編集を容易にする「モデルブラウザツリー」を搭載。破壊現象のシミュレーションに用いる機能も強化した。MSC Fatigue 2012は、振動荷重による部品の疲労寿命の予測を可能にするなどの機能強化を図った。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

1/31まで日経電子版セット2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

初割 電子版セット 2カ月無料