PR

米Mentor Graphics Corp.は、プリント基板やパッケージ基板向けのSI(signal integrity)・PI(power integrity)解析ツール「HyperLynx」を「8.2」版に更改したと発表した。伝送線路解析(SI解析に相当)からスタートしたHyperLynxだが、最近では基板の高速化や高密度化に対応して、各種の解析が扱えるようになっている。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

1/31まで日経電子版セット2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

初割 電子版セット 2カ月無料