PR
事業領域
事業領域
[画像のクリックで拡大表示]
電力モニタリング・サービス
電力モニタリング・サービス
[画像のクリックで拡大表示]

 IDECは2012年2月1日、太陽電池システム向けの電力マネジメント事業に参入すると発表した。同年4月に、一般住宅や小規模業務施設向けのパワー・コンディショナなどの機器と、インターネットを通じた電力モニタリング・サービスの提供を始める。機器とサービスは、太陽電池メーカーや住宅メーカー、住宅設備業者などを通じて販売する。

 拡大する国内市場を狙って、海外の太陽電池メーカーや国内の住宅設備業者などの参入が相次いでいる。しかしIDECによると、パワー・コンディショナなどの機器は、国内の厳格な技術基準があるため、提供するメーカーが限られているという。そこでIDECは、パワー・コンディショナなどの機器を製品化するとともに、電力モニタリング・サービスと組み合わせることで「電力マネジメント事業」として提供することにした。

 IDECが販売する機器は、パワー・コンディショナの他に、昇圧ユニットや接続箱、モニタ・システムである。電力モニタリング・サービスでは、発電状況のモニタリングや機器の異常などを自動監視する見守りサービスなどを提供する。両者を組み合わせることで、ユーザーはパソコンやスマートフォンで発電状況を確認できるようになる。なお、各機器の特性や価格などの詳細は、現時点で非公開とした。