PR

 大同特殊鋼は、連結子会社などの工具鋼事業に関する3社を再編し、2012年7月をメドに新会社を発足させることで住友商事と合意した(ニュースリリース)。今回の再編の対象となるのは、連結子会社の大同アミスター(本社大阪府大東市)、大同マテックス(本社川崎市)、および出資先で住友商事の連結子会社である石原鋼鉄(本社東京)。ただし、同再編に当たっては、これら3社の株主総会の決議で認められること、および関係当局の認可が得られることなどが条件となるという。

 工具鋼は日本国内では金型材料として使われているが、需要家の海外展開の拡大に伴って同市場は縮小傾向にある。さらに、金型に対するニーズがより高度化・多様化しており、金型メーカーに単に材料を提供するだけでなく、加工、熱処理、表面処理、技術サポートを含めたサービスを提供することが求められている。今回発足する新会社は、これらのサービスを一貫して提供する。加えて、海外の合弁会社へのサポート体制を整え、グローバルスケールで金型産業に貢献することを目指す。

 新会社の資本金は4億3500万円、従業員数は約600人、在庫拠点は12カ所、プレート加工拠点は3カ所、熱処理拠点は5カ所、営業拠点は19カ所の見込み。