PR
NECビッグローブ 代表取締役執行役員社長の古関義幸氏
NECビッグローブ 代表取締役執行役員社長の古関義幸氏
[画像のクリックで拡大表示]
左が無償提供するモバイル・ルータ「RS-CV0C」、右がデータ通信通信用SIM
左が無償提供するモバイル・ルータ「RS-CV0C」、右がデータ通信通信用SIM
[画像のクリックで拡大表示]

 NECビッグローブは2012年2月1日、3Gデータ通信サービス「BIGLOBE 3G」を開始した。NTTドコモの回線を利用するMVNO(仮想移動通信事業者)として提供する。2時から20時までに利用時間を限定した「デイタイムプラン」が月額1980円、利用時間の制限がない「スタンダードプラン」が月額2980円である。ちなみに、NTTドコモの完全定額制データ通信サービス「定額データプラン フラット バリュー」に2年間継続が条件の「定額データ スタンダード割2」を組み合わせた場合、月額5775円になる(プロバイダがspモードの場合)。

 BIGLOBE接続サービスの既存ユーザーに対しては、デイタイムプランを月額1770円、スタンダードプランを月額2770円で提供する。通信速度は下り最大14Mbps、上り最大5.7Mbps。契約者にNTTドコモのデータ通信用UIMカード(SIM)を提供する。当初提供するSIMは通常の寸法のものだが、今後はmicroSIMも用意する予定だという。

 「NTTドコモの端末なら何でも使える」(NECビッグローブ 代表取締役執行役員社長の古関義幸氏)とする。具体的には、NTTドコモのスマートフォンやソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)の携帯型ゲーム機「PlayStation Vita」などだ(ただし、音声通話はできない)。NTT東日本/NTT西日本が提供するSIMフリーのモバイル・ルータなども利用できる。

 また、2012年4月1日までにサービスを申し込んだユーザーには、モバイル・ルータ「RS-CV0C」(ネットインデックス製、最大5台の無線LAN同時接続に対応)を無料で提供する。モバイル・ルータが不要なユーザーに対しては、最大1万2000円のキャッシュ・バックを行う。

 NTTドコモとの間の通信は、L3接続型である。特定のユーザーに通信帯域が偏らないようにする「公平制御」やP2P通信を対象にした「プロトコル制御」を行う。また、3日間の通信量が累積で約360Mバイトを超えたユーザーに対しては、通信量の制御を行う。そのユーザーの通信速度を一律の値に下げるのではなく、他のユーザーとの兼ね合いを見て通信量を抑制するという。

 古関氏は、今回のサービスの意義を「イオンが月額980円という低額でデータ通信サービスを提供しているが、通信速度が100kbpsと低い。この速度では不満があるユーザーもいるはずだ。そこで屋外でもフルスピードの3G通信を利用できる使いやすいプランを用意した。固定の光通信と組み合わせることで、そこそこの価格で使いやすいサービスになっている」と語った。LTEに対応したサービスも「6月くらいには提供したい」(同氏)とした。