PR

 民放キー局5社(日本テレビ放送網、テレビ朝日、TBSテレビ、テレビ東京、フジテレビジョン)と電通が共同で推進するテレビ向けのVOD(video on demand)サービスが、2012年4月2日に開始される。サービス名称は「もっとTV」。同時期に発売される予定の対応テレビに向けた、有料サービスである。

 放送番組の視聴中にリモコンの専用ボタンを押すと、見ている番組の放送局のVOD画面が表示される。そこには視聴中の番組に関連した動画コンテンツなどが表示されるほか、検索機能を備えているため見たいコンテンツを容易に探せるとする。

 「どのようなコンテンツが提供されるのかは放送局しだい」(電通)だが、見逃した番組を視聴したいというニーズに応えるため、ドラマ、アニメ、バラエティなどさまざまなジャンルの動画コンテンツが提供される予定としている。さらに動画だけでなく、放送番組に関する情報なども提供する。

 もっとTVを開始する最大の目的は、若い世代を中心に「テレビ離れ」が指摘される中、地上波放送でのリアルタイム視聴を再び活性化すること。このために、スマートフォンやタブレット端末との連携サービスなども検討しているという。例えば、外出先ではスマートフォンで先週放映されたドラマを見て、自宅に戻ってから最新の回を見る、などの利用シーンを想定している。

 もっとTVはコンテンツ単位の課金サービスで、「具体的な料金は放送局が決める」(電通)としている。
 テレビ向けのVODサービスでは、テレビ・メーカー大手が共同で運営する「アクトビラ」が代表的な存在である。既に同サービスに対応したテレビは、国内で400万台以上が普及しているが、「コンテンツの品揃え」などに課題があり、まだ成功をつかめていない。

 一方、もっとTVの事業主体は人気コンテンツを大量に抱える民放キー局であるが、利用には同サービス対応のテレビが必要になる、という大きな課題がある。現時点では、どのメーカーがどの程度の機種数を投入するか未公表の状況である。