PR

 米Intersil Corp.は、米JEDEC (Joint Electron Device Engineering Council)が定めるJESD204B仕様に準拠したシリアル出力を備える、最大サンプリング速度が500Mサンプル/秒の14ビットA-D変換器IC「ISLA214S50」を発売した。JESD204Bの最大データ伝送速度は4.375Gビット/秒。発売したICは、JESD204Bに対応したデジタル出力レーンを二つ備える。さらに、低価格FPGAで採用されている下位仕様のJESD204Aとの互換性を確保するために、三つめのデジタル出力レーンを用意している。これを使えば、3.125Gビット/秒のデータ伝送速度で信号を出力しながら、最大のサンプリング速度で動作させることが可能になる。データ収集装置や広帯域通信装置、医療用画像処理装置、マイクロ波通信装置などに向ける。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い


日経クロステックからのお薦め

チームはやぶさ2、未踏に挑んだ10人

チームはやぶさ2、未踏に挑んだ10人

渾身の記事を直接お届け、2月24日に新サービス「フカメル」開始

9つの世界初を成し遂げた小惑星探査機「はやぶさ2」を深掘りする。裏側には、未踏に挑んだ10人のスペシャリストがいた。とっておきの10の物語を通して、「チームはやぶさ2」が奇跡を成し遂げた理由に迫る。

「チームはやぶさ2」を購読する