PR
今回のリモコン Samsungのデータ。
今回のリモコン Samsungのデータ。
[画像のクリックで拡大表示]

 韓国Samsung Electronics Co., Ltd.は、音声認識機能とタッチパッドを搭載したリモコンを開発した(韓国語のニュース・リリース)。2012年に発売する同社のスマート・テレビの付属品として提供する。

 前面にタッチパッドを配置したり、音声認識機能を搭載したことで、既存のリモコンでは多すぎたボタンの削除が可能になった。リモコンの上部に搭載されたタッチパッドを使って、スマート・テレビの一般的なメニューの設定からインターネット検索まで行える。またテレビのリモコンで頻繁に使用するチャンネルとボリューム・キーをタッチパッドの端に配置したことで、テレビ画面から目を離さずに指の感じだけでチャンネルと音量を調整することができ、ユーザの利便性を高めたとする。

 今回のリモコンに搭載された音声認識機能は、1月上旬に米ラスベガスで開催の2012 International CESで見せたスマート・テレビ「ES8000」向けと基本的に同じものだという(Tech-On!関連記事)。リモコンに内蔵したマイクにコマンドを話すと、チャンネルと音量を変更できたり、文字を入力できたりするという。テレビとの間の通信は、Bluetoothと赤外線通信を同時に使って送受信率を高めた。スマート・テレビに加えて、セットトップボックスやBlu-rayディスク・プレーヤーの制御も可能である。