PR

 伊仏合弁STMicroelectronics社は、変換効率が85%(標準値)と高いアクティブ・マトリクス方式有機ELパネル用ドライバIC「STOD13AS」を発売した。同社独自のSOI(silicon on insulator)プロセス技術を採用することで、高効率化を実現したという。スマートフォンやデジタル・ビデオ・カメラ、デジタル・スチル・カメラ、携帯型メディア・プレーヤなどに向ける。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

1/31まで日経電子版セット2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

初割 電子版セット 2カ月無料