PR

 PTCジャパン(本社東京)は2012年2月7日、三菱航空機(本社名古屋市)が開発を進める次世代旅客機「MRJ(三菱リージョナルジェット)」の整備情報管理システムの構築に向けたパートナーとして選定された、と発表した。  三菱航空機のカスタマーサービス部門が、米PTC社の品質情報管理システム「Windchill Quality Solutions」と、技術文書管理システム「Arbortext Service Information Solutions」を導入する。Windchill Quality Solutionsで点検や部品交換の情報やスケジュールを管理し、運用時の故障を未然に防いで運用効率を向上させるとともに、Arbortextを整備に必要な文書の管理や更新に用いる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い


日経クロステックからのお薦め

チームはやぶさ2、未踏に挑んだ10人

チームはやぶさ2、未踏に挑んだ10人

渾身の記事を直接お届け、2月24日に新サービス「フカメル」開始

9つの世界初を成し遂げた小惑星探査機「はやぶさ2」を深掘りする。裏側には、未踏に挑んだ10人のスペシャリストがいた。とっておきの10の物語を通して、「チームはやぶさ2」が奇跡を成し遂げた理由に迫る。

「チームはやぶさ2」を購読する