PR

 マツダは、日本ポリプロと共同で、従来と同等の剛性を保ちながら、車両を軽くできる自動車部品用の樹脂材料を開発した。部品をより薄く造れるため、使う材料の量を減らすことができる。前後のバンパーに採用した場合、約20%軽くできる。薄くすることによって成形時の冷却時間が短くなった。そのため約60秒かかっていた成形時間を、半分の30秒にできた。また、工程で消費するエネルギが大幅に減った

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

1/31まで日経電子版セット2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

初割 電子版セット 2カ月無料