PR

新日鉄住金ステンレス(NSSC)と東京ステンレス研磨興業(本社東京、以下東研)は、熱間圧延した大型の厚板のステンレス鋼を研磨仕上げした「Crystal」シリーズの提供を始めた。東研が開発した研磨技術である電界砥粒減面(EGR:Electrolytic Grinding Reducing)技術を最大で幅7×長さ2.6mの厚板に適用したもの。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

「初割」実施中!日経電子版とセットで2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

初割 電子版セット 2カ月無料