PR

 双日と日立造船は、中国の黒龍江省で馬鈴薯(ばれいしょ)でんぷんの残渣(搾りかす)を原料としたバイオエタノール製造実証事業を開始した。場所はハルピン市より北北西に300kmの克山国有農場で、中国最大の国有農場組織である黒龍江省農墾総局傘下の馬鈴薯加工企業である北大荒馬鈴薯集団有限公司との共同事業。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

1/31まで日経電子版セット2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

初割 電子版セット 2カ月無料