PR

任天堂は、2011年2月26日に発売した同社の携帯型ゲーム機「ニンテンドー3DS」(以下、3DS)の日本市場での推定累計販売台数が2月19日時点で、500万台を超えたことを明らかにした(発表資料)。国内流通各社から任天堂が直接入手した販売データから判明したという。

これまで、「ニンテンドーDS」は発売日から56週目、「ゲームボーイアドバンス」は58週目で推定累計販売台数500万台を達成したとする(メディアクリエイト調べ)。一方3DSは、発売日から52週目で500万台に到達し、「日本市場のゲームプラットフォームとして過去最速での達成」(任天堂)だという。