PR

廣瀬製紙(本社:高知県土佐市)は、ポリオレフィンの不織布を基材に、PVA(ポリビニルアルコール)ナノファイバを紡糸したLiイオン2次電池のセパレータを開発した(図1)。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

「初割」実施中!日経電子版とセットで2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

初割 電子版セット 2カ月無料